糀屋本店のキスケ糀パワープレーン

糀屋本店 商品一覧 > キスケ糀パワーシリーズ > キスケ糀パワープレーン

キスケ糀パワーとは

キスケ糀パワーシリーズの基本となる米糀です。
日本伝統の米糀を世界中にお届けできるようにと、糀屋本店が試行錯誤して開発したのが、パウダータイプの米糀「キスケ糀パワー」です。
食材に混ぜたり、振りかけたりすることで食材の持つ旨味や甘味をグッと引き出します。使い方も、保存方法も簡単らくらく。「一度使ったらもう手放せません」そんな声を子育て世代の皆様を中心にいただいています。

見た目は違いますが、働きは生糀と同じです。

糀屋本店は創業以来300年以上、室蓋(むろぶた)づくりの糀を独自の製法で作り続けてきました。
この糀を酵素活性を保ったまま微粉末化しました。
生の糀と同じように、三大消化酵素をはじめ100種類以上の酵素が豊富に含まれているので、
食材にサッとひと振りするだけの簡単調理で、素材そのものの味を引き出し、おいしさを生み出してくれます。
さらに、糀は、糖、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの栄養素も豊富に含んでいます。

食べる喜びを助けたい「喜助・キスケ」

「キスケ」というネーミングは、糀屋本店6代目・浅利喜助から名づけました。当時では異例の甘酒の缶詰の開発など、失敗することはあっても常にだれかの笑顔のために糀を使いチャレンジし続けた喜助さんの思いを、世界へ、未来へとつないでいきたいという願いを込めました。

基本の使い方

魚・肉・野菜などに素材の1%振りかけると臭みを取り、素材の旨みを引き出します。
(例)魚100g:キスケ糀パワープレーン1g(小さじ1)
普段使っている調味料やドレッシングなども1%を目安に混ぜると旨みがアップします。
また、スープや飲み物、ヨーグルトなどに混ぜて、そのまま食べることで手軽に酵素を摂取できます。消化に必要な酵素を補い、体への負担が軽減されます。
毎日の食卓に取り入れて、おいしく健康な日々をお過ごしください。

糀が生まれるまでの4日間

1日目 洗米・浸漬

大分県産米を丁寧に洗い、一晩水につけます。

2日目 甑(こしき)

米を蒸し、放冷し、種麹を蒔き、蒸し米に菌を付ける。
※一般的に「甑(こしき)」は、蒸煮装置のことをさしますが、弊社では一連の作業のことを「甑」と呼んでいます。

3日目

@床もみ
床船で寝かせて一晩すると、菌の活動が活発になり菌同士で発熱を始めるので、手を入れてその温度を適度に冷まします。

A盛り
床もみで冷やされた麹を再度活発に活動させるため、室蓋という木製の容器に一升ずつ移して積み重ねて行く。

B仕舞い
盛りの終了から数時間後、再度発熱する作業を止める作業を仕舞い仕事という。名前の通り、麹作りの最後の行程となります。

4日目 出麹

麹を麹室から出し、冷却する。

糀の完成

糀パウダー「キスケ糀パワー」プレーン

こうして丁寧に育てた糀を低温で乾燥、酵素のチカラを壊さないように配慮して微粉末化しました。