糀生活デビューセット
マイページログイン
キスケ糀パワーシリーズ
  • 新規会員登録
  • マイページログイン
メルマガ
↓リピーターの方にオススメ↓
商品一括購入

Item Search



電話注文も承ります。
  • お客様の声
  • WEB版レシピ
  • 料理講習会
  • 講演会
  • クックパッド
  • レシピ無料パンフ
  • 英語サイト
 
  • FAX注文
  • お問合せフォーム
  • ご利用ガイド
法人様・業務用窓口
  • 今月のメッセージ
  • ダウンロード

糀屋本店TOP > よくあるご質問 > 商品について

商品についてのご質問

高血圧症の人は、塩糀を摂らないほうがいいのでしょうか?
塩糀はうま味成分を引き出す酵素のお蔭で塩の半分以下の量で、同じような味わいを表現できます。
摂取しすぎにならなければ美味しく便利にお使いいただけることと思います。
戻る
塩糀を毎日食しているうちに高血圧症が進んだという友人がいます。
毎日、食するには、どのくらいの量なら良いのでしょうか?
厚生労働省による「日本人の食事摂取基準」で、ナトリウム(食塩相当量)の摂取量の目標値は、男女それぞれ1日男性9g未満、女性7.5g未満とされています。これをもとに塩糀の一日当たりの摂取量を計算します。
弊社の塩糀の塩分濃度は12.5%ですので、平均的な摂取の目安としては、男性72g程度、女性60g程度となります。

ただし、医師などの指導により減塩を実践されていらっしゃる方はこの通りではありません。
1日の塩摂取量を8倍以下にした値の塩糀をおとりになるのが理想的です。
戻る
塩糀の発酵について教えてください。
冬は常温で数日間置いていますが、これから夏になっても、常温でも大丈夫でしょうか?

日中、家の中が熱くなる暑い時期の塩糀作りで多くのご質問が寄せられています。

夏場は気温が高く雑菌の活動も旺盛になります。このことを念頭に置いていただき、以下の5つのポイントをおさえると失敗しにくいかと思われます。

@ まず仕込前に手指を始め、仕込に使う器具、保存容器、使用するテーブル等の殺菌を念入りに行ってください。
「物が腐る」という現象は腐敗をもたらす原因の雑菌が繁殖することで発生します。
一般家庭で最も取り組みやすい煮沸消毒(器具、容器のみ)は80℃のお湯で10分以上の煮沸し、トングなどを使って取り出し、清潔な乾いた布巾の上に伏せて乾かします。
煮沸消毒が出来ない大きな容器やテーブルなどの場合はアルコール(消毒用70%エタノール)で拭くことがお勧めです。アルコール(消毒用70%エタノール)は薬局でお求めいただくことができます。手に入らない場合はホワイトリカーで拭くのも良いとされますが、アルコール(消毒用70%エタノール)の方がしっかり殺菌できます。アルコール(消毒用70%エタノール)で拭いた後は乾いて殺菌完了となります。
手指は石鹸でしっかり洗浄したのち、アルコールで拭いて殺菌しましょう。
仕込時に混入する雑菌が少なければ少ないほど、腐るリスクは減ります。必ず念入りな殺菌を行って、衛生的な仕込環境を作ってから望みましょう。

A 熟成は常温で結構です。ただし、気温が高い場合は熟成が早くなります。
通常7日〜10日程度の熟成期間を置きますが、気温の高い夏場は5日程度で十分かと思われます
甘味が出てきたら速やかに冷凍庫で保管してください。

B 保存容器の口はしっかり閉じる。
塩糀の熟成で最も大事なことは酵素の抽出です。麹菌の生育は私達職人が行っており、この生育期間に出来るだけたくさんの分解酵素を糀に作ってもらいます。この糀を塩水中に入れることで酵素が抽出され、タンパク質素材に塗ると旨味が出るというのが塩糀で料理をすると美味しくなるという仕組みです。同時に米の中のデンプンが酵素によって分解される期間でもあります。甘味がでてきたらできあがりというのもこの糖化を待っているということです。この酵素の抽出と糖化を待つ熟成期間において、酸素の供給は特に重要なことではありません。口を開けないと糀が息が出来ないとの説もございますが、すでに食塩水の中にある糀に酸素が供給されることはありません。麹菌は食塩で揉まれた時点で麹菌の努め(分解酵素を生産するという役目)を終え、ここから先は麹菌が作った酵素を利用するようになります。そのため、熟成中に容器の口を必要以上に開けたままにしないことをお勧めします。また、保存容器の蓋はしっかり閉じてください。

C  混ぜる
攪拌の目的は、常に同じ面が空気に触れて、カビが生えてしまうのを防ぐためです。
カビは空気のない水中に生えることはできませんので、なるべく表面を動かしてカビが生えにくくすることが目的です。毎日1度混ぜる際は、清潔にした貝杓子などをご使用いただくか、保存容器の口を閉じたまま振っていただいて攪拌していただくことをお勧めします。
容器の口を長時間開けたままにしますと、雑菌などが繁殖しやすくなりますのでご注意ください。

D 完成後の保管は冷凍庫で。

完成した塩糀は冷凍庫でも保管が出来ます。塩分濃度が12.5%程度もありますので、氷結することもありません。何時間冷凍しても凍る事なく、取り出してすぐにお使いいただけます。
品質に問題はありません。

E 塩の分量を減らさない。水の量を増やさない。
これはすべての季節で共通することですが、塩分量が低いと物は腐りやすくなります。逆に高いと長持ちします。食品の加工では塩を利用することで微生物が生きにくい状況を作ると同時に、浸透圧で水分を抜き加工品の品質を長持ちさせます。
これは刺身などの生の魚が日持ちが短いのに対して、塩分を加え、水分を飛ばした干物が長持ちすることをイメージしていただくと分かりやすいかと思います。 塩糀作りにおいても同様に「塩分を控えよう」と塩の量を減らしたり、水を増やしたりすることが失敗の原因になります。必ず塩分は最低でも12.5%以上で仕込んでください。

  ●塩分の計算 使用する塩の分量g÷(糀の分量g+塩の分量g+水の分量g)×100=塩分濃度%

以上5つのポイントを押さえて作っていただきますと暑い時期でも美味しい塩糀を作っていただくことができますのでお試しください。

戻る
手作り味噌にカビが生えていますが、どうしたらよいでしょうか?

手作り味噌セットは保存料や防腐剤などの食品添加物を使用していません。
昔ながらの味噌作りでは表面にカビが生えてくることは、ごく自然で当たり前に起きる事です。
スーパーなどでパッケージングされた味噌だけを見るとカビが生えると「もうだめになった」、「失敗してしまった」と思あれがちですが、よく考えてみると、無添加の味噌にカビが生えることはごく自然なことで、カビも生えないお味噌の方がよっぽど不自然なものであることがお分かりいただけるかと思います。

熟成期間中にカビが生えてもそのまま、召し上がる頃までお待ちいただき、表面を1〜2cmほど削り取り除いて、その下の部分からお召し上がりください。
カビが生えたからといってすぐに口を開けてカビを取り除くと口を開けたことでさらに雑菌が混入し、カビが増えてしまい、食べる部分がどんどん少なくなっていきます。
味噌に生えるカビはほとんどの場合、空気がある場所に生えます。空気がない味噌内部には生えることができません。表面より下はしっかり熟成をされていますので、お召し上がりになる頃に合わせて、カビを取り除き、出来上がった味噌は冷蔵庫で保管し、お召し上がり下さい。

戻る
ページトップへ
Copyright © 2006-2015 Saikikoujiya All Rights Reserved.