糀屋本店TOP > 糀屋本店について > こうじ料理研究家 浅利定栄

こうじ料理研究家 浅利定栄

プロフィール

1982年大分県佐伯市生まれ。「糀屋本店」浅利妙峰の「長男」
宮崎医科大学医学部看護学科卒業後、東京で看護師として勤務の傍ら、世界中を旅したいという幼い頃からの夢を叶えるため東南アジアを中心に 20数カ国を旅したのち青年海外協力隊に参加。 2011年から約2年間、南米パラグアイ国に看護師として赴任。
現地で看護師・保健師として地域保健活動に携わる中、改めて『食と健康』の繋がりと『健康的な食生活』の大切さを見直す。

また、現地日系社会に今も息づく糀・発酵食文化にも影響を受け、帰国後は糀屋本店にて保健師の視点を持って世界各地で糀の普及活動を行う。2016年11月イタリア食科学大学大学院にて食文化とコミュニケーションについての修士課程修了。
現在は東京、海外を中心に糀の普及活動にたずさわる。

著 書

オレンジページ 2018年7月17日発売

こうじ屋ウーマン浅利妙峰との親子共作。
「和」のイメージにとらわれない定栄のレシピは、イタリア・スペイン・アジアなど世界のエッセンスを取り入れた新提案ばかり!

出演情報

Web

イベント情報

Seminar・workshop

経 歴

1957年10月
大分県佐伯市生まれ
2001年3月
大分県立佐伯鶴城高等学校卒業
2005年3月
宮崎医科大学医学部看護学科卒業
2006年4月〜
都内病院勤務
2010年10月
青年海外協力隊に参加(パラグアイにて看護師として活動)
2013年1月〜
糀屋本店
2016年11月
イタリア/食科学大学大学院修士課程修了(食文化とコミュニケーション)
2017年3月
東京すしアカデミー卒業(江戸前寿司と和食コース)

資 格

  • 看護師、保健師

講演実績

2012年
ラコルメナ日本人会 『糀と健康』(パラグアイ・日本人移住区ラ・コメルナ)
2014年
Salome del gusto「みそ仕込みワークショップ」(イタリア・トリノ)
2015年
学習院女子大学 『糀と食』
2015年
大分県臨床検査技師会 『日本の食文化と糀』
2015年
佐伯人創造塾 『自分の食べるもの』
2016年
salone del gusto ゲストスピーカー 『うまみ』、『スパイス』、『発酵』の3テーマ(イタリア・トリノ)
2016年
サワービールフェスティバル ゲストスピーカー 『日本の発酵文化』(イタリア・パルマ)
2017年
バンコクデザインフェスティバル ゲストスピーカー 『こうじを使った日本の発酵文化について』(タイ・バンコク)
2017年
学習院女子大学 『世界の発酵食品』