カテゴリー別アーカイブ: レシピ

糀屋本店のオススメレシピをご紹介♪

甘酒でつくる豚丼


「甘酒でつくる豚丼」

材料  4人分
・豚肉…200~250g
・甘酒 60ml(下処理用)
・玉ねぎ …1個
・糸こんにゃく…150g
・ブナシメジ…1/2袋
★醤油…60ml
甘酒…60ml
★だし汁(水+にっぽんのうま味 鰹  小さじ1)300ml
・温かいご飯

<下処理>
・豚肉に甘酒を揉みこんでおく。
・こんにゃくは水を切り熱湯で1度茹でておく。
・ブナシメジは石づきを取りほぐしておく。

<調理>
1.玉ねぎを薄めのくしぎりにし、こんにゃく、ブナシメジと一緒に★の材料で煮る。

2.玉ねぎに火がとおったら下処理した豚肉を加える。中弱火で5~10分ほど煮る。

3.煮詰め具合によって味が変わるので、もし薄ければ醤油を、濃ければ水を足してください。器にごはんと盛って完成。 紅生姜と刻みネギをのせても良い。

☆下処理の時に甘酒で豚肉に混ぜる事で、臭みが取れ肉が柔らかくなります☆彡
にっぽんの旨味 鰹 は、糀だしに置き換えても◎


糀だしで作るおでん


寒くなってきたら食べたくなる、おでん。
糀だしで作れば、簡単に美味しい出汁の完成です。おでんの素がなくても糀だしと素材からおいしさたっぷり(*^^*)

◎材料 4人分

・鶏手羽元 350g
塩糀   35g(肉の10%)
・水    1400ml
糀だし  大さじ1
薄口醤油(黄金の滴) 45ml
・こんにゃく 1枚
・糸こんにゃく 4個
甘糀   大さじ2
・大根   1/2本
・ちくわ  4本
・蒲鉾   1本
・ゴボウ天 4本
・ゆで卵  4個
・椎茸   4個
・厚揚げ  2枚
・じゃがいも 2個

1.鶏手羽元は塩糀を揉みこんで10分ほどおく。

2.鍋に鶏と水を入れて煮る。
沸騰したら弱火で20分ほど煮ながら時々あくをとる。

3.糀だしを加え薄口醤油で味を調える。練物からも旨味が出るので
少し足りないくらいの味でよい。

4.大根は3cmの厚さに切り、じゃがいも、椎茸、練物も食べやすい大きさに切る。

5.カットしたこんにゃく、糸こんにゃくに甘糀を揉みこんでおく。
そうすると味の染み込みが早い。

6.鍋に重ならないようにすべての材料を並べ、
だしをひたひたになるくらい入れる。沸騰するまで強火、
次に弱火で味がしみるまでコトコト煮込む。

~糀屋のまかないでは、余ったおでんは翌日カレーに変身して登場します~


甘糀で作る肉じゃが


「甘糀で作る肉じゃが」の作り方


【材料4人分】
・牛薄切り肉 200g
・塩糀    20g
・こんにゃく  1枚(280g)
・甘糀(下味用)大さじ2
・ジャガイモ    4~6個(800g)
・玉ねぎ 1個
・にんじん 大1本
・さやいんげん 8本
●甘糀…大さじ8
●酒…90㏄
●水…400cc
・サラダ油 大さじ1
・醤油   大さじ4

(1)牛肉を食べやすい大きさに切り、塩糀を揉みこんで15分程おく。こんにゃくをスプーンで食べやすい大きさに切り、甘糀を揉みこんで15分ほどおく。

(2)じゃがいもの皮をむき、4~6等分にして水にさらす。玉ねぎを幅1.5㎝のくし切りに、にんじんを一口大の乱切りにする。さやいんげんの筋を取り、2~3糖分の長さに切る。

(3)鍋にサラダ油をひき、弱火で牛肉を炒める。色が変わったら中火にして野菜とこんにゃくを加え、全体に油が回るまで炒める。

(4)●を加えて中火で5分煮る。

(5)醤油を加えてアクを取り、さらに10分程煮る。いんげんを加え、サッと火を通して煮汁ごと器に盛りつける。


NEW!「美白☆こうじ納豆」の作り方


 

☆★★米糀で美味しい手作り常備菜★☆★彡
糀屋本店の「こうじ納豆」の作り方を基本に、薄口醤油でつくる「こうじ納豆」レシピが出来上がりました!その名も「美白☆こうじ納豆」です。基本の「こうじ納豆」よりも出来上がりのルックスが色白さんのこうじ納豆なので「美白☆こうじ納豆」と命名されたようです!(笑)これは、先日、学習院女子大学の学生さんとの糀料理を作る実習のなかで、こうじ屋ウーマンがひらめき考案されました。このナイスなネーミングは女子大生がつけてくれました(*^^*)
こうじ納豆を食べると腸の調子が整うので、お肌がキレイになるという意味も込められています♪

「美白☆こうじ納豆の作り方」

作りやすい分量
・米糀…100g
・納豆…3パック(約120g)
・薄口醤油…65ml
・酒 または みりん…75ml
・きくらげ…20g(または、潮ふき昆布10g)
・人参…1/2本(100g)
・白ごま…20g

作り方
1.米糀をかたまりをほぐし、バラバラにする。人参を千切りする。

2.鍋に醤油と酒(みりん)を入れ、煮立ったら千切りした人参を入れて混ぜ、火を消す。

女子大生による火をつけるマジック!ではなく、これは酒のアルコールを飛ばしているところです(笑)このあと人参を入れます。

3.火を止めた後、バラバラにほぐした米糀をいれる。

4.少し冷めてから、納豆・きくらげ・白ごまを混ぜ合わせ、全体をなじませる。

5.あら熱が取れたら、容器に入れて冷蔵庫で保存する。

●塩辛いと感じる場合は、納豆を1パック足しても◎材料の酒をみりんで作るとほのかな甘みがあり美味しいです。人参・納豆はお好みで加減してお楽しみ下さい。

●ご飯にのせて、お豆腐にのせて、そのまま酒の肴に、きゅうりや大根と合わせてサラダ、ぶっかけうどんにも◎色々アレンジもお楽しみください。写真のように大根を桜型に切り抜くと見た目にも美しい♡

=======================
▼このレシピで使われている商品▼
米糀


振りかけるだけ!キスケ塩ペッパーで「カルパッチョ」


お刺身というと、しょうゆとわさびが定番ですが、カルパッチョにしていただくのもおすすめです。スーパーで買ってきた刺身をお皿に並べて、サラダ用の葉野菜やトマトを組み合わせて、キスケ塩ペッパー、レモン汁、オリーブオイルをかけるだけ、というシンプルさ◎簡単すぎてごめんなさい~!(笑)でも美味しいですよ~!!

鯛のカルパッチョ

分量 2人分
・鯛・ヒラメ・タコ・ホタテ貝柱など…150g(刺身パックでOK)
・ベビーリーフ…適量
・キスケ塩ペッパー…適量
・オリーブオイル…大さじ1
・レモン汁…大さじ1

1.皿に刺身を並べ、キスケ塩ペッパーをかけ、ベビーリーフをのせる。ミニトマトなども彩りがいいのでおススメです。

2.食べるときに、レモンをしぼり、オリーブオイルをかける。目安は各大さじ1くらいですが、お好みの分量で良いです♪レモンはカボスやスダチに変えても◎

佐伯はアジが美味しいので、アジのカルパッチョも☆彡

キスケ塩ペッパーに入っているパウダー状の「糀」が、魚介の繊細な旨味と甘味を引き立てながら、特有の臭みも抑えます。お好みで、フレッシュハーブや、レモンの皮やカボスの皮をすりおろして加えるなどのアレンジもおすすめです。


甘酒フルーツポンチ~白玉入り~


甘酒とフルーツの香りを愉しむデザート♪

分量4人分
≪フルーツポンチ≫
・甘酒  2カップ
・バナナ 1/3本
・バナナ 2/3本
・みかん 1個
・キウイ 1/2個

≪白玉だんご≫
・白玉粉 150g
・豆腐  150g
・塩糀  小さじ1
・水   50ml

1.甘酒とバナナ1/3本をミキサーにかける。

2.フルーツを切る。バナナ2/3本は輪切り、みかんは横半分に切って半月切り、キウイは半月切り。

3.白玉だんごをつくる。
白玉粉に豆腐、塩糀を手で潰しながら混ぜ、さらに水を加えよく混ぜ合せる。小さい団子に丸め、真ん中を指先でおさえる。沸騰した湯の中に入れ、浮き上がったら水にとる。

4.白玉だんごを器に盛り、(1)とフルーツを入れる。冷やしておいしくいただきます^^

☆ポイント・コツ★
・甘酒の代わりに、甘糀を使う場合は「甘糀1カップ+水1カップ」に置き換える。
・ぶどう、りんご、いちごなど旬のフルーツを使ってお楽しみください。

甘酒いちご白玉♡

◆このレシピで使っている商品
甘酒「一夜恋」 or   甘糀
塩糀


にんにくもろみ糀でつくる「ナス南蛮」


ナスの大量消費レシピ。
「にんにくもろみ糀」が大活躍します!

食欲をそそるにんにく×酢パワーで<ナス南蛮>

・ナス  中3本
●にんにくもろみ糀 大さじ2
●甘糀  大さじ2
●酢   大さじ2
・ゴマ油 大さじ2
・小麦粉 少々

1.ナスを一口大で乱切りにし水にさらし、
ザルにあげて水気をしっかりと切り、小麦粉をまぶす

2.調味料●を合わせる

3.熱したフライパンにゴマ油を入れ、ナスがしんなりするまで炒める

4.弱火にして(2)の調味料を入れ、ナスの
とろみがつくまで炒めたら出来上がり!
焦げやすいので火加減に注意。

鰹節や彩り小口切りしたネギを添えても◎

◆このレシピに使われている商品
にんにくもろみ糀
甘糀


ツルツル、プルプル!塩糀でつくる水晶鶏


 

ムネ肉使用!だけど、塩糀でしっとりプルプル!
暑い夏にもサッパリ食べられるレシピ♪

「ツルツル、プルプル!塩糀でつくる水晶鶏」

☆材料 2~3人分・鶏むね肉 1枚(300g)
・塩糀   30g(鶏肉の10%)
・片栗粉  適量

<トッピング>
・ポン酢
・大葉
・ねぎ
・みょうが…など

1.鶏むね肉を一口大に切り、塩糀を揉みこんでおく。(30分~一晩)
トッピングの薬味を切っておく。

2.鍋にお湯を沸かす。その間に、(1)に唐揚げをする感覚で片栗粉をまぶしておく。

3.お湯が沸いたら、鶏肉を入れて茹でる。
中まで火が通ったら、ザルにあげてよく冷えた氷水に入れる。

4.冷えたら、お皿に盛りつけて完成!

☆ポイント・コツ☆
そのまま食べても美味しい。ポン酢につけても美味!
たっぷりの薬味と一緒に食べると爽やかにいただけます^^

このレシピで使っている商品☆彡
塩糀


塩糀でつくる梅シロップ・梅ジュース(2018年New版)


材料は3つだけ!とっても簡単にできる
オイシイ酵素ジュースの梅シロップ♪

「塩 糀」を使うことで、従来レシピの半分
以下の砂糖で作ることができ、完成までに
1か月かかる梅シロップがたった3日で完成します!

2018 Newバージョンのレシピです。
いつものレシピに水を足して、お砂糖もさらに
減らして作りました。byこうじ屋ウーマン

水で割った梅ジュース。
まかないで早速いただいたところ、
喉に染み渡る美味しさでした 😀
====================
◎ 梅シロップ ◎

<作りやすい分量>
・青 梅  300g
・水(湯冷まし) 150ml(梅の半量)
・ざらめ糖 225g(梅+水の半量)
・塩 糀  22g(砂糖の10%)

1.梅をよく洗い、一晩水に漬けてあくを抜く。
(4~5時間でもOK)

2.翌日、梅を水切りし、ヘタを取る。

3.梅が乾いたら、ざらめ糖、塩糀、湯冷ましを
事前に合わせて、梅→合わせた材料の順に
ヨーグルティアS・カモシコ又は炊飯器
に入れ、ざっと混ぜ合わせる。

4.55℃で8~10時間程保温する。
途中何度かかき混ぜると早く馴染む。
10時間保温後、2日ほど常温で保存する。

5.3日目にざるに打ち上げ、汁部分と実の部分
とに分ける。汁部分をシロップとして、
実の部分はそのまま食べるか種を外して
「ジャム」にする。甘すぎないのでそのまま
食べても美味しいです。

6.出来上がったものは冷蔵庫にて保存。

*梅シロップは、炭酸水や冷たい水で割ると
爽やかな梅の酵素ジュースに♪

<梅シロップ1:水3>が美味しい目安♪

シロップは瓶に入れて冷蔵保存♪

子どもにも市販のジュースを飲ませるよりいいですね♪

甘酒だけでなく今年は「梅の酵素シロップ」
にもチャレンジしてみませんか。
爽やかな初夏の味わいをぜひお楽しみください(^^)

====================
このレシピで使われている商品☆彡
塩糀
米糀
手作り甘酒セット


塩糀でつくる芙蓉蟹(フーヨウハイ:かに玉)


大人数料理に活躍するオーブン料理。
まかないで定番のオーブンオムレツの味付けは
塩糀だけ!そこに甘酢あんをかけるだけで、
見た目にも贅沢な中華料理ができあがり♪

====================
☆材料☆ (A4サイズのバット1枚分)
・卵    9個
・塩糀   大さじ3
・タケノコ 適量
・塩糀   タケノコの重さの10%
・カニカマ 適量
・グリーンピース 適量

【甘酢あん】 出来上がり約1カップ:5人分
・酢 大さじ4
・水 大さじ4
・薄口醤油 大さじ4
・砂 糖 大さじ1
・片栗粉 小さじ2

とろみもちょうど良い

このレシピで使われている商品
塩糀

=====================
☆作り方☆

1.タケノコに塩糀を10%揉みこんでおく。
カニカマは食べやすいように裂く。ボウルに卵
を割り、塩糀を入れて溶く。

2.バットに、タケノコ、カニカマ、グリーン
ピースをまんべんなく散りばめ、割りほぐした
卵を上からまわしかける。

3.オーブン220℃で15分焼けば、表面こんがり、出来上がり!

4.卵をオーブンで焼いているあいだに、あんを作ります。
あんの材料を全部合わせて鍋にかけて、とろみがついたら出来上がり♪
食べる前に卵をカットしてみんなでシェアします♪

ある日の糀屋まかない☆彡